ボルタレンと関節の痛み

ボルタレンの成分が関連するため絶対に使用で着ない場合もあります。

もしかしたら若い年齢でも起こるかもしれませんが、年齢が高まるほど発症しやすいかと思います。それが高齢者による痛みです。

 

老化などでおこる膝の痛みや関節炎、また病気腰痛や変形性関節炎を引き起こした時ボルタレンという痛み止めの薬を処方される事があります。

 

ボルタレンは別名ジクロフェナクと呼ばれており、湿布薬などのパッケージに何mg配合と書かれていることも多いので、名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

 

そもそもボルタレンは痛みの原因である病気を治す薬ではなく、その時の痛みを和らげるいわば頭痛薬や風邪薬と同じようなものです。

 

ボルタレンは関節炎などで炎症による熱を下げる効果も期待できる薬です。ただし過剰に使い過ぎは禁物で、決められた容量を理解した上で服用することが重要になります。

 

まず痛みが起こるメカニズムとして、体内にあるホスホリパーゼA2が活性化され、プロスタグランジンと呼ばれる生理物質が作られます。

 

またアラキドン酸という物質が元となって、プロスタグランジンだけでなく色々な痛みの元になる物質が分泌されます。

 

その中でもプロスタグランジンE2という物質は、痛みによる発熱や痛いという信号を発生させるブラジキニン作用を高めてしまいます。

 

 

ボルタレンの持つ作用は、アラキドン酸からプロスタグランジンを出す際に使われる酵素、シクロオキシゲナーゼが生成される事を抑えます。

 

結果プロスタグランジンが作られなくなるので、それで痛みや熱が和らぐという事になります。そうすることで、自分の悩んでいた部分を緩和することになるわけなんですね。

 

痛み止めで同じようにロキソニンがありますが、痛みに早く効くのはロキソニン、痛みの強さではボルタレンと言われています。

 

ロキソニンは強い消炎鎮痛効果があるため錠剤や座薬は劇薬指定されており、病院でないと処方されません。

 

その強い効果から手術跡の痛み止めなどに使われています。

 

 

そんな効果の高いボルタレンですが、ボルタレンが効かない痛みもあります。

 

それは神経の痛みや胃潰瘍による胃痛、その他効果がありそうな偏頭痛も効果はありません。

 

ですから自分の症状に合った痛み止めを調べる必要があります。

 

また副作用についてですが、飲む薬や座薬では便秘や下痢、お腹の膨満感など普通の風邪薬と同じような副作用があります。

 

痛み止めの湿布やテープ、塗り薬やスプレーは直接体内に入れる物ではないため、ほとんど副作用はありません。

 

稀に皮膚のかゆみや炎症が見られる事がありますが、ほとんど副作用については問題がないとされています。

 

座薬や錠剤は妊娠中には使えませんが、湿布薬については体内に取り込まれないとされているので主治医に相談の上の使用となります。

 

また、インフルエンザの時は脳症にボルタレンの成分が関連するため絶対に使用できません。

 

 

痛みを取る薬として非常に優秀な薬ですが、使用方法などきちんと守って飲みたいですね。先程も話したようにボルタレンの薬を過剰に服用することで副作用になりやすいために十分に注意しなくてはいけません。

 

 

ページトップへ