胃粘膜を痛めやすい

ボルタレンと医薬

ボルタレンを飲む時にはいくつか注意点がありますが、その中でも特に気を付けなければならないのが胃の状態です。というよりも基本的に薬を服用する場合には、胃に対する負担が関係してきます。

 

ボルタレンは胃を荒らす薬なので、胃薬を服用することはもちろん、胃潰瘍や胃に病気がある人は飲む事ができません。

 

 

ボルタレン錠は劇薬指定されている薬なので、薬局などには売られていません。

 

ボルタレンが売られているのはテープや塗り薬のみになります。

 

ですからボルタレンを処方される際には、大抵胃薬も同時に処方してもらう事が多いでしょう。

 

病院によって処方される胃薬は違うでしょうが、特に多いのがムコスタと呼ばれる胃薬で、ジェネリックではレバミピド錠が処方されます。

 

ムコスタは胃を守るための防御因子を増やす働きを持っているので、胃炎や胃潰瘍の予防に効果を発揮してくれます。そのために、空腹での薬の服用は注意しなくてはいけませんね。

 

胃薬としての効果はそこまで強力では無いものの、副作用の心配もあまりなく、安心して使える胃薬です。

 

最近ではムコスタよりも安価で、効果がほぼ同じのレバミピド錠剤がよく選ばれています。

 

 

レバミピド錠は作用が穏やかな薬なので、進行した胃炎や胃潰瘍を治す目的の薬としては役不足です。

 

あくまでも薬の副作用による、胃炎を抑える薬として有効です。

 

レバミピド錠の役割は、胃粘膜の保護をしてくれるプロスタグランジンを増やす事で胃を守ってくれます。

 

ですのでボルタレンをはじめとし、非ステロイド性消炎鎮痛剤との併用薬としてよく処方されています。

 

分かりやすく言えば胃をコーティングしての守ってくれる、荒れて傷ついた胃の修復に努めてくれる薬で、ボルタレンを飲む人にとっては非常に助かる薬です。

 

 

ボルタレンを処方されると、ほとんどの医師が胃薬を処方してくれますが稀に胃薬を処方してくれない場合もあります。

 

もし再度病院に行く事があるなら、必ず申し出て胃薬をもらう事をお勧めします。

 

もし胃薬を貰いそびれた、または胃薬やボルタレンを飲み終わってもまだ胃に不調がある際には、市販の胃薬で代用しても構いません。

 

市販の胃薬は非常に多くの種類の胃薬を取り扱っていますが、選ぶ時は胃酸の調節をしたり食べ過ぎによる胃薬ではなく、胃粘膜を保護してくれるタイプの胃薬を選んでください。

 

最近の薬局には薬剤師が在籍しているところも多いですね。

 

薬に迷ったら、薬剤師にボルタレンを飲んでいて胃の調子が悪い事を伝えれば良いものを選んでくれます。

 

 

ボルタレンを胃薬無しで飲む事はできるだけ避けたいですね。

 

病院でも処方されるでしょうが、きちんと胃薬を貰えたか調べた方が良いでしょう。ボルタレンを通販で購入する場合、たしかにメリットはあります。価格が安いなどの。しかし、その分の個人での責任が課せられるために、理解しておかなくてはいけません。

 

 

ページトップへ