ボルタレンの副作用

ボルタレンの副作用の対策

薬を服用するということは、それなりの悩みがあるから服用する。特にボルタレンは効果が強い。何が強いかというと、痛みに対してすぐに効果を発揮してくれる。すぐに服用してから、痛みを和らいてくれるし、そこからの滞在時間が長いのが特徴的です。

 

ボルタレンの凄いのが、約半世紀にわたって利用されている所。開発されたのが1965年で、いまだに世界150カ国以上で利用されているのです。

 

それほど効果が強いのですが、しかし、それがゆえに副作用が起こる。効果が強いと副作用も起きるし、効果が弱いと、副作用も弱い・・・不思議なものです。

 

 

ボルタレンは、非ステロイド系抗炎症剤と行って、炎症の原因となる物質を抑制することで痛みを抑える。あくまでも完治するわけではなく抑える感じ。私も週に2〜3回ほど服用するのですが、少し使いすぎることで胃が痛い時があります。これは薬特集の副作用ですね。胃の粘膜を保護する物質も一緒に抑制してしまうために、胃に負担がかかってしまう。

 

そういったことで、ボルタレンは服用タイプとは別に「坐薬、カプセル、塗り薬」などもあるので、それぞれの副作用対策を利用するのも一つですね。

 

その他のボルタレンの副作用として、
溶血性貧血・白血球減少・血小板減少、皮膚粘膜眼症候群、うっ血性心不全、喘息発作、めまい
などなど

 

できるだけ、服用するときは身長に飲む回数や、容量を守ってから使うことが重要です。

 

 

ページトップへ