女性ホルモンの変動が大きく関係する

ホルモンバランスが関係する

偏頭痛は元々男性よりも女性の方が多いというデータがありますが、その中でも女性を悩ませているのが月経前後の頭痛です。

 

月経前後に起こる頭痛は普段よりも重症な場合も多く、毎月くるため気分が非常に滅入ります。

 

色々な対処を考えて、毎月の頭痛に備えておきましょう。

 

 

女性の月経による頭痛のメカニズムは、女性ホルモンの増減によるものが理由です。

 

女性ホルモンには2種類あり、エストロゲンと呼ばれるのが卵胞ホルモンでプロゲステロンが黄体ホルモンと呼ばれているものです。

 

この2つは生理の周期に合わせて増減を繰り返しており、特に卵胞ホルモンの急激な減少によって偏頭痛が起きます。

 

そして月経前後に起こる頭痛には2種類あり、1つは緊張性頭痛ともう1つは月経関連偏頭痛で、それぞれに特徴があり、少し差があります。

 

 

緊張性頭痛は生理で子宮に血液が集まる事で、脳内の血液量が不足する事で酸素量も足りなくなってしまいます。

 

そうなると頭蓋の周りの筋肉が硬くこわばってしまうために刺激が伝わり痛みが生じます。

 

痛みの特徴としては後頭部に痛みがあり、首や肩にかけて痛みが広がる人もいます。

 

もう1つは月経関連偏頭痛で、こちらはホルモンの影響によって血管の収縮や拡張が偏頭痛の引き金となっています。

 

痛みの特徴としては脈を打つのに合わせてズキズキと痛む、外出したり少し体を動かした時に頭痛がひどくなるという事があります。

 

これは動く事で、血流が良くなるため起こる頭痛です。

 

月経前はPMSなどで自律神経やホルモンバランスを崩しやすい状態にあるため、頭痛を感じた事のある人も非常に沢山います。

 

 

この頭痛を和らげたり、予防したりする方法はできるだけリラックスして過ごし、無理はしないという事が大切です。

 

また緊張性頭痛の場合、脳内に血流を促進させるためお風呂にゆっくりとつかって頭や首を温めます。

 

一方、月経関連偏頭痛の場合はあまり温めすぎると血管が膨張してしまい、頭痛がするのでお風呂よりもシャワーで簡単に済ます方が良いでしょう。

 

頭痛を和らげるアロマオイルを使ったり、頭のてっぺんや後頭部にあるツボを押して痛みを和らげるのもおすすめです。

 

また生理痛の痛みにも効果的な、頭痛薬や鎮痛薬を飲んで緩和させるのも良いでしょう。

 

 

ポイントは月経の頭痛には2種類あるため、自分の頭痛がどちらか知る事から始めたいですね。

 

そして自分なりの予防法や対処法を知っておく事が重要です。

 

月経前後は精神的にもイライラする事があるので、できるだけリラックスしましょう。

 

 

ページトップへ