血管が広がり過ぎで頭痛原因

アルコールの吸収が痛みを強くする

お酒は好きでも飲んだらすぐに頭痛がするから飲むのを躊躇してしまうという人も少なくありません。

 

お酒は飲むと顔がすぐに赤くなる人とそうでない人がいますね。

 

どちらかというとすぐに赤くなるタイプの人の方が頭痛は起きやすいのです。

 

では酒が頭痛を引き起こすメカニズムについてはどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

お酒を飲むとすぐに頭痛がするのは、体がアルコールを毒素と捉えて早く体外に排出させようとする働きです。

 

そのため血中のアルコールを外に出そうとするため血管を広げて早く追い出そうとします。

 

血流は良くなり早く流そうとするので顔は赤く見えます。

 

そして脳内の血管が拡張されるとその周りの神経を刺激してしまうので、頭痛が起きるのです。

 

この作用が早くに働く人はいわゆるお酒が合わないタイプと言えます。

 

しかし正常な体の仕組みでもあるため、健康体だとも言えます。

 

お酒を飲んでいる最中に頭が痛くなってきたらとにかくお酒と同じ量の水を飲んで、早く体外に排出させてアルコールの分解を促進してあげましょう。

 

 

飲酒中の頭痛にはそんな理由がありますが、飲酒中は大丈夫だけど、飲みすぎて夜寝て朝起きると頭が痛いという事もあります。

 

いわゆる二日酔いというものですが、何故二日酔いで頭が痛くなるのかというとアルコールは体内に入ると肝臓でアセトアルデヒドと水に変わります。

 

アセトアルデヒドは体にとって有害なので排出させようとするのですが、体内に残った場合血流にのって脳内にいきます。

 

アセトアルデヒドは血管を拡張する作用があるので、そのせいで頭が痛くなります。

 

またお酒を飲んでいるとトイレに行きたくなりますが、水分ばかりが体外に排出されてアセトアルデヒドは残り、そのせいで脱水症状を起こしている場合もあります。

 

脱水すると脳内の水分も少なくなり、それが刺激となって頭痛が起こる事もあります。

 

 

対処法はとにかく水分をしっかりと飲む事と、体内にあるアセトアルデヒドを早く排出させる事が大切です。

 

アセトアルデヒドを分解してくれる成分はオルニチンやセサミンという成分で、しじみやゴマに含まれています。

 

手っ取り早く摂りたい場合は、グルタミンやタウリンなどが含まれている栄養ドリンクを飲むのが良いでしょう。

 

また手のひらの中央から少し下に肝機能を活発にしてくれるツボがあるので、ツボ押しで対処するのもおすすめです。

 

 

お酒が苦手でも、仕事上付き合いで飲まなければならない事もあるでしょう。

 

くれぐれも飲み過ぎには注意して、楽しく飲みたいですね。

 

 

ページトップへ