カフェインやアルコールを避けること

カフェインやアルコールの量は抑える

頭痛にも色々と種類があるもので、片頭痛や緊張型頭痛の他に「群発頭痛」があります。

 

私が経験しているのは片頭痛と緊張型頭痛ですが、この群発頭痛は目に痛みを感じる症状だそうです

 

あくまでも目だけが痛みを発症するわけではなく、眼の奥が締め付けられ、えぐるような痛みで、それと同時に、側頭部に激痛が走るそうです。

 

そして、その痛みが一ヶ月ほど続く。
しかし、その後はなんともない期間があり痛みが収まるそうです。

 

この群発頭痛は、痛みが起こったり、急に収まったりと1ヶ月ほど続くというように「頭痛が群発すること」から群発頭痛という名が付いているそうです。

 

片頭痛や緊張型頭痛は1日おきに痛みが起きるのですが、連続に起こるのはかなり辛いと思う。
しかも、目や頭の痛みだけでなく、鼻水がでたり、歯や顎に激痛がはしることもあるそうです。

 

片頭痛の場合は助成に多い症状ですが、群発頭痛は男性に多い頭痛とされています。年齢は20〜40歳代で、現段階では原因ははっきりとしていないそうです。

 

しかし、群発性の頭痛が起こっている時に、コーヒーやお茶に含まれているカフェイン、それからビールや酒に含まれているアルコールを大量に服用することで、痛みがさらに増すそうです。

 

飲んだ後、1時間ほどに急激に発作が起こり、頭の痛み、神経につながり首や肩、歯や顎にも痛みがあらわれるそうです。

 

そのために、頭の痛みを感じた時はできるだけカフェインやアルコールの量は抑えたいところです。あとは、気圧や光などにも頭の痛みは関係するために、できるだけ心がけたいところです。

 

 

ページトップへ