薬と一緒に水を服用

アルコールやカフェインと一緒にボルタレンの服用は禁止

ボルタレンは、風を引いた時の解熱に効果を表してくれる薬です。それから、私は歯周病による歯茎の痛み、それから腰痛や肩こりの痛みを感じた時に服用しています。

 

解熱剤は他にも種類がありますが、ボルタレンの場合は即効性が有り、副作用がほとんど無い所が特徴。そのために服用しています。

 

ボルタレンの飲み方・服用の仕方ですが、「少なめの水」と一緒に錠剤(カプセル)を服用します。この水と一緒に服用することが、重要でボルタレンの主要成分であるジクロフェナクナトリウムの作用を最大限に発揮してくれます。ボルタレンの飲み方について

 

逆に、アルコールやカフェインと一緒に服用すると、過剰摂取により副作用が起こる可能性があります。例えば、アルコールの場合は、有効血中濃度が高くなるために、その段階でボルタレンや他の薬を服用すると、薬の分解が遅れたり、吸収率が高まり、求めている効果とは違う作用が起こってしまいます。

 

あわゆくば危険な状態を引き起こす可能性もあるために、アルコールやカフェインが含まれている飲料との服用は注意が必要です。これはボルタレンの解熱剤以外の薬を服用するときには心がけたいところ。

 

そのために、薬と一緒に服用するのが水です。水の役割は、薬を胃や小腸に最低限届ける役割をします。そして、胃の中に含まれている栄養分との混合を防ぐために、水がカバーしてくれます。

 

なおかつ、いや粘膜に対する負担を抑える効果もあるために、ボルタレンを服用するときは水180〜200mgと一緒に服用をするようにしましょう。

 

 

 

ページトップへ