痛みや熱に解熱剤のボルタレン

症状を感じたらすぐに服用

普段は体の痛みは感じないのに、風邪を引いたり、調子が悪くなると、頭が割れるような痛みを感じます。
どうしてこのような必要不可欠な事が起こるのでしょうか?

 

痛みにもそれぞれ異なりますが、多少痛みがあっても我慢できるものもアレば、どうしても我慢できずに、寝込んでしまうほどの痛みを感じることもあり治療が必要になることも。

 

風の場合は、大人で38度台後半以上で痛みが起こると言われ、子供の場合は38度以上の熱で、24時間異常続くと、より症状がひどくなると言われています。

 

風邪の症状により、対処する薬も異なり、軽めの発熱の場合に免疫細胞の働きを抑制させる薬を服用し、症状がひどい場合に解熱剤の薬を服用します。

 

解熱剤の場合はボルタレンが処方され、脳の局所に作用して、プロスタグランジンの合成を則してくれます。すると、抗炎症、鎮痛、解熱に働き、風邪や熱を抑えてくれます。

 

できるだけ症状に気づいたらすぐに服用することが重要で、症状が悪化してからの服用では、効果が期待できないことが有ります。

 

なおかつ、過剰に服用すると、副作用で、胸焼けや胃痛、吐き気などの胃腸症状が起こることも有るために、まずはムリをしないように鎮痛剤を服用すること。

 

 

ページトップへ